FC2ブログ

わたしの秘密のゴールデンフィンガー①

「みちか先生、入りますよ」
「はい、どうぞ」
 体育教師の柴崎豪が保健室に入ると、保険医の楠木みちかは、机に顔を突っ伏していた。
「どうしたんですか、みちか先生?」
 柴崎は、心配して聞いた。
「いえ、ちょっと最近いろいろあって、疲れ気味で……」
 みちかは、新任ニ年目の保健医で、美人で評判がよかった。
 スタイルも抜群で、机に押し潰されている彼女の乳房が目に入って、思わず柴崎はタジタジになる。
 噂の爆乳だ。
「……今度の臨海学校の予定表、持ってきました。ここに、置いときますね」
 柴崎は、机の先にプリントを置いた。
「ありがとうございます……」
 みちかは、自分の右手で肩を叩き、左手で腰を揉んでいた。
「まだ若いのに、肩こりに腰痛ですか?」
 柴崎は笑って聞いた。
「はい……保健の先生なのに……情けない」
「なんなら、僕がマッサージしてあげましょうか?」
 冗談のつもりだった。
 二人の歳は、一回りも離れている。
 嫌がられると思った。
「本当ですか? ぜひ、お願いします」
 みちかは瞳を輝かせて、柴崎を見た。
 柴崎は内心驚いた。
 まさかの展開だ。



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

カウンター

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
6973位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
227位
サブジャンルランキングを見る>>
コミックサンプル