FC2ブログ

美人OL、不倫の果てに堕ちていく②

「景子さん、ありがとうございました」
 後輩の女子社員から礼を言われた。
「べつに、大したことじゃないわ」
 上司の説明不足の指示を、彼女の代わりに景子が指摘してあげただけだ。
「とても、課長にあんなふうには言えませんよ……さすが、広瀬さんです」
「経験を積めば、あなただってできるようになるって」
 景子は率直な気持ちでそう言ったが、後輩の羨望の眼差しは変わらなかった。
「美人で、仕事も出来て、ホント、広瀬さんはわたしたちの憧れです」
「またそんなこと言って……」
 景子は、笑いながら続けた。
「これで、なんで恋人の一人も出来ないのって、言うんでしょう?」
 この後輩社員にも恋人がいた。
 だから、景子は自虐気味に言った。
「そ、そんなこと思ってないですよ! だって、広瀬さんなら、選び放題じゃないですか。会社のマドンナって評判ですよ。ほら、あの宇野くんだって……」
 彼女が指差した先に、背の高い若手の男性社員がいた。
 不意に彼がこっちを見たので、それ以上二人は話をするのをやめた。
 宇野は、景子と目が合うと、恥ずかしそうに目を伏せて、はにかみながら会釈をした。

 宇野純は、入社二年目で、営業部に所属している。
 瀬川の直接の部下だった。
 景子より一年後輩だったが、これまであまり記憶に残ってなかった。
 若手の中でも落ちこぼれで、成績はいつも最下位らしい。
 その宇野がエレベーターの前にいるのを見かけて、景子も間に合うように小走りで乗りこんだ。
 景子を目にとめると、宇野は驚きと喜びが混じり合った顔をしていた。
 エレベーターの中は、二人だけだった。
 景子は、あのあと後輩の女子社員から、話の続きを聞いた。
 宇野が景子に気があることは、社内でも有名な話らしい。
 この機会に宇野から話しかけられると思ったが、彼はただ緊張しているだけだった。
 景子から話しかけるのもどうかと思い、二人とも押し黙ったまま、エレベーターは動き出した。
 ガタン!
 すると、突然エレベーターが止まった。
「え? え?」
 宇野は、キョロキョロと回りを見回す。
 景子は、エレベーターに備え付けの非常用ボタンを押した。
 すぐに警備と連絡がついた。
 エレベーターの故障らしい。
 修復には一時間くらいかかるという。

「あの……宇野純くん、ですよね?」
「は、はい!」
 景子に話しかけられて、宇野は声を裏返らせた。
「ただ待ってるのもあれですし、何かお話しでもませんか?」
「あ、そうですね、はい……」
 宇野の顔は、少しにやけていた。
 自分を知ってもらえていたのが、嬉しいのだろうか?
 景子にしてみれば、本当に最近知ったばかりなのだが。
「わたしは……」
「広瀬景子さんですよね! 知ってますよ、会社のマドンナですから!」
「会社のマドンナ?」
「あ、いえ、すいません……」
 宇野は、顔を赤くしてうつむいた。
 純情な子……。
「宇野くんは、瀬川課長の下ですよね? 課長は、どんな感じの人ですか?」
 景子はたずねた。
「そうですね……仕事も家庭も両立出来て、本当、すごい人です! まあぼくは、いつも課長に叱られてばかりなんですけど」
「家庭と両立……」
「はい、奥さんへのプレゼントやお子さんの学校の行事とか、かかさないみたいです。デスクにも写真を飾ってますもんね。課長は仕事で嫌なことがあったら、その写真を見て、いつも元気を出してるそうです」
「へえ……」
 景子は、チクリとした痛みを胸の奥で感じた。
 わたしの顔を見たいと言った、あれはなんだったのか。
「宇野くんは、彼女とか、いないの?」
 景子は、大胆に体を寄せた。
「い、いませんよ……」
「そうなんだ、じつはね、わたしも、いないの」
 景子は、制服の胸のボタンに手をかけた。
「ここ、暑いね」
 ブラと胸の谷間が見えるように、わざと開く。
 宇野は、硬直して、壁にへばりついた。
「広瀬さん……」
「お互い、フリーならべつにいいでしょ? どうせ、時間あるんだし」
 景子は、宇野の腕に胸を当てた。
「それとも、わたしのこと、タイプじゃなかった?」
「そんなこと、ありません!」
 宇野は、即答した。
「じゃあ、触っていいのよ」
 景子は、自ら宇野の手を取って、谷間の中に招いた。
「叱られてばかりだからって、落ち込まないで、仕事頑張って。課長のことギャフンと言わせないと」
 ぎこちない手つきで、宇野は景子の乳房を揉んだ。
 瀬川に対する当てつけのつもりだった。
 景子は、宇野に顔を近づけた。
 キスをしようとした。
 しかし、そこでエレベーターが動き出した。
 故障が直ったのだ。
 スピーカーから警備員の声がする。
 景子は、慌てて宇野から離れて、衣服を整えた。

     >>>「美人OL、不倫の果てに堕ちていく③」

===================================================
官能小説がいっぱい↓
   にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
   
小説(官能小説)ランキング
   
アダルトブログランキング
===================================================


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

みち

Author:みち
趣味で小説を書いております。

気に入ったら押してね
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2361位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
108位
サブジャンルランキングを見る>>
LCラブコスメ
リンク