FC2ブログ

はじめに

*このブログには、性的な描写が多く含まれますので、18歳未満の閲覧はご遠慮下さい*

わたしが書いた官能小説を、ブラッシュアップしながら載せていきたいと思います。
おなじ学園を中心にした、ライトなストーリーです。
また、内容はもちろんすべてフィクションであり、ファンタジーです。
無断転載禁止です。

ストックが尽きたため、更新頻度が減るかと思います。
月一話以上は公開できるように頑張りたいと思います。
今後ともどうぞ、よろしくお願いします。
→→→作品一覧

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

作品一覧

第一話  「初体験は、卒業式のあとで」
第二話  「保健室で、初めてのオナニー相談」
第三話  「美術部長のLOVEえろデッサン」
第四話  「銀河の果てから、精子を求めて」
第五話  「元新聞部サクラの愛欲スクープ」
第六話  「神社で秘め事~先輩、好きでした」
第七話  「わたしの秘密のゴールデンフィンガー」
第八話  「夜のトイレで、ちゅぱちゅぱ夢体験」
第九話  「巨乳アタッカーと百合あそび」
第十話  「引っ越したら、お隣からエロい喘ぎ声が」

第十一話 「歳上、歳下どっちがタイプ?」
第十二話 「文学少女と卑猥な言葉と描写たち」
第十三話 「美術部長のやりすぎ変態デッサン」
第十四話 「童貞オタクとコスプレ宇宙人」
第十五話 「エクスタシーまでいかせて」
第十六話 「アラフォー女数学教師は、長いのがお好き」
第十七話 「わたしのおっぱいが欲しい人」
第十八話 「失恋オナニー~幼なじみよ慰めて」
第十九話 「金色の淫毛~巨根テロリストを追え!」
第二〇話 「処女探偵と痴女な助手~最初の事件」

第二十一話 「美術部長の盛りすぎ乱交デッサン」
第二十二話 「貞淑な熟女妻、初めてのアダルトショップ」
第二十三話 「美人OL、不倫の果てに堕ちていく」

第二十四話 「男女四人、試験勉強のはずだったのに」
第二十五話 「ラブホテルでお勉強させていただきます」
第二十六話 「処女探偵と痴女な助手~御礼はお口で」
第二十七話 「女子高生は、夢の中で淫靡な魔法を」
第二十八話 「ノーパン転校生の肉棒品評会」
第二十九話 「陵辱魔に狙われたふつうの女子高生」
第三十話   「ひきこもりのあの娘はエロブロガー」

第三十一話 「貞淑な熟女妻、見知らぬ男に脚を広げて」
第三十二話 「みえない破廉恥テクニシャン」
第三十三話 「教室の視姦魔」
第三十四話 「みちか先生のいちゃLOVE海外旅行」
(7月5日より公開)

美少女達の秘密・・・・のぞく・・・・>クリック!
アダルトサーチエンジン「X」エックス

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

みちか先生のいちゃLOVE海外旅行④

 達也は、首を絞められながら、足を浮かして、そのままアロハシャツの両腕を絡めとった。
 腰に捻りを加えて回転する。
 アロハシャツの外国人は顔を歪めて、手を離した。
 達也は距離を置いて、相手の出方を待った。
 アロハシャツは、怒りに顔を真っ赤にしていた。
 筋肉に適度な張りと、ダメージを吸収するだけの脂肪がある。
 何か格闘技をやっているのは間違いなさそうだ。
 達也は、ちらりとみちかを見た。
 彼女は、泣いていた。
 つらかったに違いない。
 達也の怒りに火がついた。
 相手は酒にも酔っているし、素人相手だと思って、油断しているはずだ。
 一発で仕留める。
 達也の視線が鋭くなった。
 今は真面目に運送屋をしているが、学生の頃は喧嘩にあけくれる日々だった。
 自分より大きな相手とも何度も戦ったことがある。
 負けるわけがない。
 そう思っていた。

       *

「大丈夫?」
 部屋に戻ると、みちかは、達也をベッドに寝かせて、冷やしたタオルを額にのせた。
 結局、達也はアロハシャツ男の強烈な一撃をくらってのびてしまった。
 それを見たみちかが、近くのテーブルの灰皿を取って、男の股間に投げつけた。
 なんと灰皿は見事に命中した。
 打ち所が悪かったのか、アロハシャツの顔は青くなった。
 さらに、みちかは男の背後に回って、股間を蹴り上げた。
「この、白豚め!」
 さすがの元プロレスラーも急所は鍛えられてなかったのか、その場にうずくまった。
 そのあと店のスタッフに呼ばれた警官によって、アロハシャツの男は連行された。
「オレ、カッコ悪いな」
 達也は自虐的に笑った。
「そんなことないよ、達也、カッコ良かった」
 みちかはかぶさるようにして、達也にキスをした。
 それだけで終ろうとしていたら、達也が首に腕を回した。
「あん……ダメよ、傷にさわるわ」
「大丈夫だよ、大したことない」
 達也は、みちかの頭を押さえて、舌を入れてきた。
「ん……ん……」
 達也の手が、みちかの手を握った。
 そして、自分の股間へと導く。
 仕方ないというふうに、みちかは達也の股間を揉んだ。
「今夜は、いっぱいする約束だろ?」
「そうだったね」
 みちかは、ベルトを外して、ズボンをずらした。
 恋人の胸にまたがるようにして、達也のものをしゃぶった。
 愛おしい思いを込めて、舌を滑らせ、口に頬張った。
 達也のものは、青筋を立ててすぐに反応した。
 みちかは熱く膨張したものを、口の中いっぱいで頬張った。
 達也は、みちかのスカートをめくり、下着を下ろした。
 みちかのすでに濡れているあそこを指で確かめて、それから顔を上げて舌を伸ばした。
「あいてて」
「大丈夫?」
「体制を変えよう」
 達也は服を脱ぎ、上になった。
 みちかも、生まれたままの姿になる。
 
     >>>「みちか先生のいちゃLOVE海外旅行⑤」

===================================================
官能小説がいっぱい↓
   にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
   
小説(官能小説)ランキング
   
アダルトブログランキング
===================================================



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

カウンター

プロフィール

みち

Author:みち
趣味で小説を書いております。

気に入ったら押してね
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3216位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
136位
サブジャンルランキングを見る>>
LCラブコスメ
リンク